So-net無料ブログ作成
検索選択

何事も普通に考えることが結構大切です [しゃかい]

【2月24日 AFPBBニュースより引用】23日に行われた、トヨタ自動車(Toyota Motor)のリコール問題を調査する米下院公聴会1日目。この日は元ソーシャルワーカーの女性が証言に立ち、高速道路でトヨタのレクサス(Lexus)を運転中に時速100マイル(約161キロ)で制御不能になり、夫に別れを告げる電話をかけたことを涙ながらに語った。

 米テネシー(Tennessee)州のロンダ・スミス(Rhonda Smith)さんは、2006年10月に起きたこの出来事の際、死を覚悟したと証言した。新車の「レクサスES 350」で高速道路に合流したところで、スミスさんは突然、時速70マイル(約113キロ)から100マイルへの不可解な急加速を体験した。必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がることなく車は高速道路を疾走した。
 「車が最高速度まで加速していくと思った。次のガードレールに車をぶつけて他の人を巻き込まないようにしなければと考え、神さまに救いを求めて祈りをささげた」と、スミスさんは語った。短距離無線通信規格のブルートゥースBluetooth)搭載の携帯電話で、夫に電話をかけたという。「夫にはどうにもできないことはわかっていた。けれども、もう一度だけ声が聞きたかった」と、スミスさんは涙をぬぐいながら語った。
 夫へ電話をかけたとき、「神の力が介在し」、車はすこしずつ減速して停止したという。
【引用終り】

 私はこのニュースをテレビでみて、東京裁判(極東国際軍事裁判)を思い浮かべました。東京裁判は、荒唐無稽な証言ばかりを取り上げ、戦勝国連合による敗戦国日本に対する恨みを晴らすためのショーでした。まさに今回のトヨタのリコール問題は、アメリカの民主党政権による政治ショーでしかありません。
 そもそも、高速走行中のクルマに対して「サイドブレーキを引く」とどうなるのでしょうか?さらに「バックギアに入れる」などということが可能なのでしょうか?皆さん、普通に考えてみてください。普通に考えれば分かると思いますが、こんなことを公聴会などで証言させるでしょうか?日本ならどうでしょう。アクセルとブレーキを踏み間違えたということになりませんか。これで彼女は何十億ドルかのお金を手に入れるつもりなのかもしれません。
 ※実はこの話、今はどうなっているかというと・・・。レクサスでとっても怖い想いをしたスミスさんは、何と!そのクルマを転売してしまっています。そして、その怖いレクサスを買った何も知らない人は、何の事故も不具合もなく運転していたそうです。現在は当局がそのクルマを買い取って調べているそうです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

管理人

トヨタ急加速の再現、米ABCテレビが映像操作
 【ニューヨーク=小谷野太郎】米ABCテレビは12日、読売新聞の取材に対し、トヨタ自動車の車が急加速を起こす再現実験を放送したニュースで、編集段階で別の映像に差し替える操作を行っていたことを認めた。

 ABCは先月22日、「トヨタ車の電子制御システムの欠陥を確認した」とする米南イリノイ大教授の主張に基づき、急加速を再現した実験を放映。急加速するトヨタ車の映像と同時にエンジンの回転数を示すメーターの映像を流した。

 しかし、実際にはメーターの映像は停止した車のものだった。トヨタはABCの放送が「誤解を招く」と反論していた。ABCは映像の加工について「走行中にうまく撮影できなかったため」と説明している。

(2010年3月13日12時21分 読売新聞)
by 管理人 (2010-03-13 12:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。