So-net無料ブログ作成

勇気ある人々 [しゃかい]

4月25日に沖縄県で「米軍普天間飛行場の国外・県外移設を求める県民大会」というのが行われました。テレビや新聞が何度も何度も報道したので皆さんよくご存知だと思います。確か主催者発表では9万人が集まったとされていますが、実際には会場となった読谷村運動公園広場は、2万人が入るといっぱいになってしまうそうです。また、沖縄県民すべてが普天間の県外(国外)移設を要求しているように報じられていますが、以下の動画のような勇気ある行動をおこしている人々もいるのです。
テレビや新聞の殆んどは報道しません。どうしてなのか自分自身で考えてみましょう。

普天間県外移設は、県民総意に非ず! 沖縄県民による保守デモ
http://www.youtube.com/watch?v=lCcTUMk9fsY&feature=player_embedded#!
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

通りすがり

通りすがりで失礼します。

何のために腐敗した自民党が政権から陥落して、民主党政権が誕生したか、わかってない人が世の中には多すぎですね。
反日マスコミのデタラメ報道に騙されて、安易に鳩山政権を批判する輩が多いことに驚きです。
普天間問題が混迷しているのは、アメリカネオコン(つまりブッシュの残党)、自民党政治屋、官僚(検察含む)、マスコミといった民主党を快く思わない連中が原因なのは言うまでもありません。
これら1)アメリカネオコン、2)自民党政治屋、3)官僚、4)マスコミに加え、5)経団連が、日本をダメにした諸悪の根源です。悪徳ペンタゴンとも呼ばれています。
安易に鳩山政権を批判することは、これら悪徳ペンタゴンにとっては願ってもないことなのです。敵を利する行為です。
鳩山首相が、小沢幹事長が、民主党が表舞台から消えれば、悪徳ペンタゴンによる暗黒社会が復活するんですけどね。
もっとも、今後も悪徳ペンタゴンに搾取され続けることに快感を感じるマゾヒストでありたいならば、鳩山政権を批判し続けても結構ですが。(笑)
実際、悪徳ペンタゴンが作り出した格差社会の被害者であるはずのニートが、ネット右翼となって悪徳ペンタゴンの手先となって民主党を攻撃しているのは、滑稽以外何物でもありません。(笑)

公に意見を述べるなら、最低限以下のことを理解してもらいたいものですね。

1.普天間の海兵隊の部隊は海外へ遠征するための部隊であって、日本の防衛には何の役にも立たないこと
2.沖縄には、普天間以外にも空軍の嘉手納基地があって、これらの基地は依然として残り続けること
3.4月25日の沖縄の県民集会や徳之島の反対でもわかるように、住民に受け入れられる移設先などなく、国内への移設は事実上ありえないこと
4.アメリカとしては、海兵隊の機能をグアムへ集約させる予定で、海兵隊のほとんどはグアムへ移設することがすでに決定していること
5.仮に辺野古に滑走路を建設しても、ほとんど使われることがないこと
6.北マリアナ連邦のテニアンでも海兵隊の受け入れの準備を進めていること
7.大手マスコミ(特に産経、読売)は、報道内容を意図的に歪曲していること
8.アメリカ発の記事で鳩山政権を批判するもののほとんどが、オバマ政権ではなく、ネオコン・ブッシュ残党によるもの

どうしても普天間問題を語りたいのだったら、最低限琉球新報や沖縄タイムスの記事を読んでからにしてもらいたいものですな。
by 通りすがり (2010-04-28 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。