So-net無料ブログ作成
検索選択

外交も「愛」でやるのですか?・・・で、具体的には? [しゃかい]

今日は衆議院選挙投票日です。ほとんどのマスコミが民主党圧勝との予想ですが、本当にそうなってしまうのでしょうか。そうなった場合、日本の経済や外交は大丈夫なのでしょうか。
以下の動画は少し重いかも知れませんが、マスコミがほとんど報じなかったG20の舞台裏をまとめたものです。
因みに、中川前大臣も出てきますが、彼の朦朧会見は、このような緊迫した外交交渉のあと、全てが終った打ち上げ後の会見だったことを記しておきます。

「危機をチャンスに変えろ」 (前編) ~G20サミットの舞台裏 高画質
http://www.youtube.com/watch?v=Bb4YROZJcow

【マスゴミ捏造】スポニチ(=変態毎日)「金がないなら結婚するな」 [しゃかい]

一時、テレビのワイドショーなどで取り上げていましたが(テレビ朝日【やじうまプラス】一刀両断のコーナーなどの麻生総理イジメ番組など)、どこが失言なんでしょうか?
以下、テキスト化。
・・・えー3つ目、立教大学。結婚
えー、金がねぇから結婚できねぇとかいう話だったけど、そりゃ金がねぇで、結婚しねぇ方がいい。 まずね。(笑い声) そりゃ、そりゃオレもそう思うよ。そりゃ迂闊にそんなことしない方がいい。(以下略)

「結婚しねぇ方がいい」→「結婚するな」っていったいどんな耳してるんでしょうか。お金がなければ結婚しないほうがいいと私だって思います。それとも、民主党のように、どこかに財源があるとでもいうのでしょうか。
それにしても朝日系、毎日系の麻生叩きはヒドイ。ところが、民主党への友愛は素晴らしい!偏向報道万歳!


【マスゴミ捏造】スポニチ(=変態毎日)「金がないなら結婚するな」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8037204

麻生総理の経済政策が世界恐慌を抑えたのを知っていますか。 [しゃかい]

昨日は民主党の鳩山代表が髙島屋前で演説をしていました。けっこうな人数が集まっていて、テレビでは3000人の聴衆だとかいってました。(どう見ても1000人程度では?・・・)


来ている人々の声に耳を傾けてみると「キャー!鳩山さ~ん」(60代女性)、「見れてよかったねえ」(50代女性)など、皆さん単にテレビによく出ている人として興味があるようですが、彼や彼の党の政策には関心がないように思えました。ただ、こういう人にも一票が与えられているのが民主主義なので困ってしまいます。


民主党の執行部のほとんどは、自民党の旧田中派です。ですから、明日の選挙は「今の自民党VS古い自民党(民主党)」ということになります。マスコミが必死になって応援して民主党が勝ったとしても、利権が自民党から民主党に移るだけで、利権が存在することに変わりはありません。

それよりも、民主党が政権をとるために抱えている、旧社会党や日教組出身の国会議員のほうが問題です。民主党の偉い人たちは、利権を得るために政権交代を訴えているのですが、そのためには「数」が必要です。なので、多くの売国議員を内部に抱え、他の売国政党と連立する必要性があるのです。要するに生活第一(←自分だけ)、「金(カネ」」と「特権」のためなら、国がどうなろうと知ったこっちゃないという考え方なのです。

民主党政権が実現したら・・・
「何やらお金がたくさんもらえそう」
「税金の無駄遣いもなくなって良いことだらけだ」
「なにかよく分からないけど、愛のある政治をしてくれるんだって」
なんかどこかで聞いたことがあるような話では・・・と思っていたら、戦後1950年代から1984年にかけて行われていた在日朝鮮人の帰還事業のことが思い浮かびました。当時の新聞はこう書いています。【帰還希望者が増えたのはなんといっても『完全就職、生活保障』と伝えられた北朝鮮の魅力らしい。各地の在日朝鮮人の多くは帰還実施まで、将来に希望の少ない日本の生活に愛想を尽かしながらも、二度と戻れぬ日本を去って”未知の故国”へ渡るフンギリをつけかねていたらしい。ところが、第一船で帰った人たちに対する歓迎振りや、完備した受け入れ態勢、目覚しい復興振り、などが報道され、さらに『明るい毎日の生活』を伝える帰還者たちの手紙が届いたため、帰還へ踏み切ったようだ。】
そういえば、そのころ北朝鮮は「地上楽園」と呼ばれていましたね。民主党は「地上の楽園マニフェスト」で国民を騙そうとしているのでしょうか。


自民党が絶対に一番だ!なんて誰も思ってはいないでしょうが、民主党よりはマシだと思います。民主党が政権をとると日本が国ではなくなってしまいます。どこかの国の自治区あたりになってしまうかも知れません。現に民主党は「沖縄ビジョン」という恐ろしい考えを持っています。かつては「一国二制度」とか「国家主権の移譲」などといっていました。
だから民主党には今までのように、官僚の無駄遣いを追及する程度の野党第一党としてがんばってもらうのが一番だと思います。がんばれ!民主党。

※一度政権をとってしまうと長期政権になるおそれがあります。一度やらせてみて、ダメなら変えればいい、というのはあまい考えだと思います。その間に経済も疲弊し、国家として取り返しのつかないことになるかも知れません。国家も会社も団体も同じですね。

国民が知らない日本の実態 !? [しゃかい]

とても面白いので観てください。たいへんよく出来ています。
(これ以外の動画は、こちらからどうぞ
videos" target="_blank">http://www.youtube.com/profile?user=AGM169JCMS&view=videos)

国民が知らない日本の実態 !?
http://www.youtube.com/watch?v=u_uQLdtQDVY

鳩山の友愛はコマンドーに通用するのか?(鳩山自爆シリーズ第2弾!?)
http://www.youtube.com/watch?v=Aol3cgb7mWc

フランス国営放送!?「お笑い日本の実態」
http://www.youtube.com/watch?v=R6cP05l5HWw

鳩山の胸に真の「友愛」は存在するのか。 [しゃかい]

少し前の、あるワイドショーにコメンテーターとして出演していたタレントの松尾貴志氏は、ゲストの宮塚利雄氏(山梨学院大学教授)が胸に付けていたブルーリボンバッジをみて
「あのー・・・、その胸の青いバッジは何ですか?」
と質問しました。当然、その場にいた他の出演者たちは唖然として、ビミョーな空気が流れました。

まさか、これを読んでいる方の中にそんな人はいませんよねぇ・・・。

「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」
http://www.sukuukai.jp/

麻生太郎の心あたたまる話
http://www.youtube.com/watch?v=wZJQGFi_ujI

間違った民主主義より、正しい独裁の方が良い場合もある。 [音楽]

 先日の吹奏楽コンクール愛媛大会で、松山市民吹奏楽団が銀賞を受賞したと知り、驚きとともに深い悲しみで一杯でございます。
 確かに一、二年ほど前から、あまり良い状態ではないとお聞きしており、今年は県大会を抜けるのは難しいのではと予想してはおりましたが、まさか本当に銀賞とは未だに信じられない思いでございます。
 思えば昭和四十九年の結成以来、休むことなくコンクールに出場し続け、県大会で落ちることはあれ、金賞を逃すことは一度もありませんでした。愛媛県大会の金や銀の差など大した差ではないと思われるかもしれませんが、今回史上初の銀賞という辱めを受け、さぞかし団員の皆さんは落胆されておられることとお察し申し上げます。きっと、その日の打ち上げは、笑い声も無く、暗闇に包まれたような異様な雰囲気の宴席だったのではないでしょうか。さすがに今回ばかりは、「これで何をやらなければならないかが分かったので、あとはそれに向かって突き進むだけだ。」などという身の程知らずのギャグも言えないことでしょう。

 今回せめてもの救いは、皆さんの演奏自体は決して下手クソなものではないということです。では、なぜ銀賞だったのでしょうか。それは団員の皆さんの心の中にある「不安」、「不信」、「不満」、この三つが原因ではないかと思います。今は、これらを取り除くために如何すれば良いのかを考え、実行に移すべき時でしょう。残念ながら具体的なことは、文字だけではお伝えできないので書きませんが、きっと団員の安心・安全を託している信頼すべきリーダーが、皆さんの心を満たしてくれることと期待しております。
 どうぞ皆さんには一日も早くこの焼け野原から立ち直り、団の再建に向け始動されますことをお祈り申し上げます。

 皆さんに直接お話できないのが、本当に残念ではございますが、今後もネットを通じ、松山市民吹奏楽団を始め、愛媛の吹奏楽に対してご恩返しをしていきたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

とりあえずメモ程度ですが [音楽]

今年は、たまたま会社が内装工事のため休みになったので、最初から聴くことができました。ま、一般だけですけどね。
結果はもう知っていますが、聴いてすぐの印象を(メモ程度ですが)残していたので、とりあえず書いておきます。
詳しくはまた後日。ご期待ください。


創価
なんとか無難に終わらせた課題曲だったが自由曲でボロがでたか。小さくまとめすぎ。
少人数なりのエッジの効いた演奏が欲しかった。低音の薄さは仕方ないが、もう少し元気よく!


ウェーブ
相変わらず無難な演奏。度が過ぎるくらい無難。
ただひとつ言えることは、指揮者はこの楽団をよくまとめているということ。
個人的には特徴が無いのが嫌だな。でもコンクールだからねえ・・・。


今治
クラリネットは以前よりよくなっている。練習の成果?
オーボエといいトランペットといいソロはキツイ?選曲ミスか。あ、ついでにピアノも。
なんか足りないような気がする。終わってから気持ちが晴れない。


リエート
相変わらずサックスがジャジーだなあ。来年は楽団に合った選曲を。
短い♪にも響きって必要だよねー。いや、無いとダメでしょ。
一人一人の実力は仕方ないとして、曲のなかでも音色に変化がほしい。
全体的にあせってる感じ。時間かな?


松山
数少ない盛り上がるところ(=うたいどころ)でいまひとつだったのは残念だ。
絶頂感を知らないのか?怖くないから思い切って「イって」ごらん・・・とは言っても安心できない何かが充満している。この曲、もしかして実はスピード感がポイントなのかな?


ゆかいな
若いだけあって勢いがあるねぇ。新鮮さ、明るさが爽やかです。
市吹もこれぐらい解放されていれば・・・。
生足に一票。(笑)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。