So-net無料ブログ作成

今日はなんとなく・・・ [しゃかい]

 民主党の代表選が近づいてきました。今度の選挙は民主党の代表を決める選挙ですが、同時に日本の総理大臣を決める選挙でもあります。まあ、そんなことは皆さんよく分かっていると思います。
 それに関連していろいろ書いてみますので、お暇な方は読んでみてください。
 
・総理を決めるのは誰か?
 民主党の代表選に投票できるのは、民主党の国会議員と国政選挙の党公認予定候補者、それと党員およびサポーターの皆さんなのですが、実は外国籍の方も投票出来てしまうのです。最近、外国人地方参政権が憲法違反であるといわれ問題になっていますが、なんと!日本の総理大臣になる最大与党民主党の代表選挙では、外国人参政権が認められているのです。おかしいですよねえ・・・。しかも、民主党は党員やサポーターの駆け込み登録を防ぐために、5月に登録を締め切っているのですが、すでに企業や団体での党員・サポーター集めは完了しているといわれています。最近、ニュースなどで民主党の党員・サポーターの県別登録者数を見かけたことがあると思います。(確かに岩手県は突出していますよね。)
 しかし、そんなことより外国人の割合を出すべきでしょう。マスコミもそこは突っ込めないのでしょうね。ちなみに自民党の党員資格は「前2年の党費を納入した党員」、「最低2年の継続党員」としているそうです。もちろん日本国籍を有する者ですよ!
 
・総理になる人って?
 またしても民主党って、「菅・小沢・鳩山」の三人がグルグルやってますね。小沢と鳩山なんて、ついこの間辞任したんじゃあなかったっけ。というか犯罪者でしょ。検察が弱っちいから出来なかっただけで・・・。小沢なんて中国共産党の人民解放軍の野戦軍司令官に自分をたとえてたこともありましたよね。そんな人が総理になっていいの?

・マニフェスト修正について 菅総理ってホント何にも知らない人みたいですね。財務大臣の時も乗数効果も消費性向も分からなかったようですし、最近も自衛隊の制服組首脳との意見交換会で「改めて法律を調べてみたら『総理大臣は、自衛隊の最高の指揮監督権を有する』と規定されており、そういう自覚を持って、皆さん方のご意見を拝聴し、役目を担っていきたい」と言ったそうです。経済も安全保障も分からない総理とは・・・。麻生総理とは大違いです。こんな人が総理でいいのですか?

 そもそも、マニフェスト修正について民主党は「状況が変わったんだから仕方ない~。税収がこんなに落ちるとは思わなかった。」などと言ってるみたいですが、ちょっと待ってくださいよ。すでに麻生総理が誕生したときには、リーマンショックは起こっていたのではないですか。そして、麻生総理も中川大臣も懸命にそれと戦っていたのではありませんか。民主党はそれから約1年後の政権です。その間、何をしていたのでしょうか。1年後の経済状況さえ予想できないバカ政党だったということでしょうか。結局は、リーマンショックと戦った麻生政権をマスコミと一緒になって叩き、政権交代というキャッチフレーズと詐欺マニフェストで国民を騙したのではありませんか。日本国民は、この1年で本当に大切なものを失ってしまいまいした。
 最後に一言。「総理大臣がコロコロ代わるのは如何なものか。」などと言って民主党を擁護するバカがいますが、いいえ違います。今こそ、日本のために『政権交代』が必要なのです。

http://www.youtube.com/watch?v=VQWDgYiYShY

http://www.youtube.com/watch?v=0BvBK-lBdKM

http://www.youtube.com/watch?v=5Sy73XuZ4zs

インチキ評論家から本当によく当たる占い師へ [しゃかい]

 すみません。市吹は四国大会には出場できなかったんですね。だれも教えてくれないので分かりませんでした。(なので、前回のブログはイヤミで書いたわけじゃありませんよ)
 本当はキチンと一般の最後まで聞いて帰れば良かったんですが、徳島ラーメンを食べに行かなくてはなりませんでしたし、出来れば夕方には家に帰ってゆっくりしたかったので・・・。

奥屋に行きました。
ten1_okuya.jpg

 それにしても怖いですねえ。当たっちゃうもんですねえ。これからは、占い師にでもなろうかな。
 ということで、一般は聞いて帰りませんでしたが、徳島縣護國神社には、ちゃんと参拝してきました。

青空と神社。本当にきれいです。
tokusima001.jpg

まだ新しいです。
tokusima002.jpg

徳島ラーメンはからい [音楽]

 久しぶりに鳴門に行ってきました。
 予想通り駐車場はいっぱい・・・。グルグル回ってると菊地先生発見!おっ、市吹も四国大会には行けたのですね。まあ、県ぐらいは寝ててもOKですからね。でも今回は、はるかちゃんの応援と徳島ラーメンを食べるのが目的なので、またまたピンポイントで聞いて帰る予定です。一般まで聞いてたら遅くなっちゃいますからね。

 さて、やっとこさ駐車スペースを見つけて会場へ。するとちょうど伊予高の前の松商の演奏から聞くことができました。伊予高は県大会の時より良くなってましたよ。終わってからの起立もさらに良かったので、はるかちゃんに「あれなら大丈夫。」と言っておきました。(←なんのこっちゃ)もちろん、後ではるかちゃんから「代表になりました。」とメールがきたのは言うまでもありません。やっぱり高校生は演奏後の起立が大切なのですね。(笑)おまけ・・・トロンボーンさん、もうちょっとがんばりましょうね。

 ところで皆さんは、吹奏楽コンクールで良い成績を取るには何が大切だと思いますか?私は、演奏が終わってからの起立・・・いやいや、指揮者の力が占める割合が大きいと思うのです。
吹奏楽コンクールでは「技術」と「表現」を審査することになっています。このどちらにも指揮者は大きく係わっています。学生でも一般でも、最終的には指揮者が選曲し、曲を組み立てていくのが一般的でしょう。特に曲の構成は審査対象の「表現」そのものです。ですから考えてみれば、吹奏楽コンクールは、指揮者の力が審査されているともいえるのです。何のことは無い、子供たちがどんなに一生懸命練習しても、指揮者がダメならコンクールでは良い成績はもらえないと言う事になのです。高校野球に例えれば、監督がピッチャーだったり四番バッターだったりするのと同じことなのです。元プロ野球選手を監督にして、エースで四番を打たせるとバッチリですね。
吹奏楽コンクールは、このようにとても不公平な中で行われているのです。平等にするのなら、一部門につき一人で日本中の学校(団体)の指揮をすると問題ないでしょう。(不可能ですね)
ということで、何が言いたいかというと、要するに指揮者も奏者の一人であるということ、審査結果が微妙な時は指揮者の責任が大きいということです。

さて、四国大会はどうだったんでしょうか。今年の一般部門は、愛媛で全国大会があるみたいですが、だれも教えてくれないし・・・。聞きに行けば分かるのでしょうが、人ごみが苦手なもので。(因みに普門館には行けません。無理です。かんべんしてください。)

なに食べようかなっ。 [音楽]

明日は鳴門まで、はるかちゃんの応援にいくぞー!
応援と言っても、またまた黙って見てるだけですが・・・。

日本を畏れる国々 [しゃかい]

 相変わらず、いつまでも、永久に、日本は「悪」でなければならないようです。
 8月16日の愛媛新聞の一面トップの見出しを見て、「またか・・・」と悔しくてしかたありませんでした。まあ、どこの新聞も同じなのでしょうが、以下に愛媛新聞の捏造を記録しておきます。
 8月16日の紙面は、当たり前ですが前日15日の終戦記念日の話題が掲載されています。そしてメインタイトルは「惨禍繰り返さない」と「首相 加害責任に言及」でした。
 私はまず「惨禍繰り返さない」って誰が?と思いました。記事を読んでいくと天皇陛下のお言葉の中にありました。しかし、「惨禍繰り返さない」ではなく「戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表す」が正しいお言葉です。
※「繰り返さない」→「繰り返されない」が正しいのです。
 しかし、広島の平和公園の原爆死没者慰霊碑にある「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」というのもそうですが、これでは当時の日本だけが「悪」であり「加害者」であったことになってしまいます。
 そこで「首相 加害者責任に言及」です。われわれ日本人は「加害者」だったのでしょうか。そして今も「加害者」として責任を負い続けているのでしょうか。私は決して「加害者」だったとも思っていませんし、これからも永久に「加害者」として責任という名の下に「お金」をせびられ続けるのは異常だと思います。そもそも正式な戦争だったのです。「加害者」なんて存在しません。戦後、東京裁判等で「戦犯」とされた方々はいましたが、それもサンフランシスコ平和条約後、国会で「戦争犯罪による受刑者の放免に関する決議」が可決され、関係諸国の同意のもとに、A級・B級・C級の戦犯達は釈放されました。また残念ながら処刑された約1000名の方々も、一般戦没者と同じく公務死として扱われることになったのです。
 それでも、納得できない方、普通に考えてみてください。原爆を落とした人は「加害者」と言われていますか。それを命令した人は「戦犯」でしょうか。そして、その国は今、「加害者責任」などと言っていますか。
 
 日本が「悪」でなければ困る人々がいるのです。それは、アメリカもロシアも支那中国も朝鮮も、そして日本人の一部にも・・・・。

 今日は8月18日です。占守島の戦いを忘れてはなりません。知らなかった方は、一緒に歴史の勉強をしましょう。アメリカに占領された沖縄は返還されましたが、ソ連(ロシア)に占領された千島列島と南樺太は、未だに還ってきていません。

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=hXBN9x_zzAU

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 2/6
http://www.youtube.com/watch?v=ctc9Ktj8USc

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 3/6
http://www.youtube.com/watch?v=4PTBW5yXv-Y

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 4/6
http://www.youtube.com/watch?v=ch-9oWvIONg

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 5/6
http://www.youtube.com/watch?v=WlomTH2QAYM

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 6/6
http://www.youtube.com/watch?v=5LkZ5JglXWM

約束は守らなければならない。 [しゃかい]

昨日は8月15日でした。私は、朝から護国神社で終戦記念日祭に参列し、午後からは丸山陸軍墓地での慰霊祭に出かけました。本当に暑い中、慰霊顕彰の一日となりました。

愛媛県護国神社 終戦記念日祭
2010-08-15 終戦記念日祭.jpg

「靖国神社で会おう。」と言って亡くなられた英霊の皆さんが、今でも靖国神社と全国の護国神社でわれわれのことを見守ってくれています。戦争を美化するとかしないとか、A級戦犯がどうだとか言う前に、日本人として慰霊し顕彰するのは当たり前のことではないでしょうか。

「凛として愛」
遊就館で2日間だけ上映されましたが、支那中国や韓国の圧力により上映できなくなった映画です。
凛として愛(1/7)
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz5rFqI7jA

凛として愛(2/7)
http://www.youtube.com/watch?v=shv750vHcIU

凛として愛(3/7)
http://www.youtube.com/watch?v=vQOQm52iAnk

凛として愛(4/7)
http://www.youtube.com/watch?v=MjhR4NvXiEs

凛として愛(5/7)
http://www.youtube.com/watch?v=kTP3t4cdL3Q

凛として愛(6/7)
http://www.youtube.com/watch?v=mWMcs7Cv9f4

凛として愛(7/7)
http://www.youtube.com/watch?v=Cx5Wyl8C8YI


警察官は全員行かなければならない。 [しゃかい]

あいかわらず民主党の社会主義政権がバカな事をやっていますが、私はひとり静かに、先日ご案内した護国神社の「万灯みたままつり」に行ってきました。

しーんと静まり返った境内はまったくの別世界です。
みたままつり021.jpg


私も献灯しました。心が洗われるようです。
みたままつり031.jpg

愛媛県護国神社の御祭神は「明治戊辰の役から大東亜戦争に至る迄の幾多の事変戦役に於いて国防の重任に当り、国難に殉じられた愛媛県出身の護国の英霊をはじめ、社会公共の為に尽力し、愛媛県の産業文化に貢献して、永く県民に恩恵を垂れさせられた功労者、並びに消防・警察・自衛隊公務殉職者を奉斎し、県民畏敬の神社として唯今49、722柱の御神霊をご鎮祭申し上げて居ります。」ということです。(正岡子規もそうですね)

献灯期間   8月13日~8月17日
点灯時間   午後7時~午後9時

8月13日から17日は「万灯みたままつり」 [しゃかい]

昨日は朝から護国神社の清掃活動に参加してきました。
といっても、その日私は仕事があったので、皆さんより1時間早く6時半から始めて、少し早めに撤収させていただきました。

朝7時半過ぎの護国神社社務所の屋根と青空。
護国神社.jpg 

 総勢40名弱の参加者でした。
清掃01.jpg

 きれいになりました。
清掃02.jpg
 
 ぜひ、8月13日から17日「万灯みたままつり」に行ってみてください。
 http://www.gokoku.org/

さくらパパは元気かなぁ・・・。 [しゃかい]

谷亮子氏:民主党のスポーツ議員連盟会長に(2010年8月6日毎日jpより)
 民主党のスポーツ議員連盟は6日、総会を開き、田名部匡省氏の参院議員引退で空席になっていた会長職に、7月の参院選で初当選した五輪柔道女子金メダリストの谷亮子氏が就任することを承認した。谷氏は「スポーツの環境整備の充実を図り、スポーツ社会を明るいものへと導きたい」と抱負を語った。(引用以上)
 この前の参議院選で当選した谷亮子。この人、なんで当選したんでしょうか。まあ、それは当選するだけの票が入ったからですね。では、この谷亮子に投票した皆さんは、この人が国会議員として何をしたいのか知っているのでしょうか。また、どのような考え方の持ち主なのか分かって投票したのでしょうか。
 先日、谷亮子が民主党のスポーツ議連会長になりました。そういえばこの人、選挙前の会見でこんなことを言ってました。「スポーツ環境作り、スポーツ振興にどんどん携わり実現させたい。」「スポーツ省を創りたい。」ということで、スポーツ議連会長になったわけですね。
 では、よく聞く「スポーツ立国」とは何でしょうか。そもそも文部科学省では、スポーツについて以下のような意味不明な前提にたっています。
「スポーツは、明るく豊かで活力に満ちた社会を形成する上で欠かすことのできないものであり、スポーツの振興は、国として積極的に推進すべき重要な課題です。」
 何度読んでも強引過ぎる印象がありますね。まあ、遊びであり、争いごと(戦争)の代わりでもあるのですからあってもいいのですが、欠かすことのできないものでもないし、やりたい人がやればいいと思うのですが、こんなこと言っちゃあダメでしょうか。
 よく似た言葉に「技術立国」というのがありますが、これはとっても必要なことだと誰にでも分かりますよね。特に日本は、現に「技術立国」ですし、この技術を守り、継承していかなければならないと思います。

 スポーツって予算をつぎ込めば強くなるとは限らないですよね。逆にハングリーなほうが強くなったりして・・・。
 それにしても、この人も6年間国会議員なんだよなあ・・・。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。