So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『樺太1945年夏 氷雪の門』 [しゃかい]

 きのう、映画「氷雪の門」を観てきました。YOU TUBEでは何度も観ていたのですが、やはり映画館で観ると違います。周りが真っ暗で映画に集中できることが、なによりすばらしい!出演している俳優さんたちもすごい!もう、亡くなられておられる方も沢山出演されています。
 南樺太が日本の領土であったこと、そしてソ連(ロシア)が違法に侵略してきたことが分かります。(もちろん千島列島も北方四島も日本領でした)現在、ロシアに違法に占領されているのは北方四島だけではないのです。
 松山市のシネマルナティックで21日まで上映予定だそうですので、みなさんも映画館に行ってみてください。ハンカチを忘れずに!いや、バスタオルの方がいいかも・・・。

映画『樺太1945年夏 氷雪の門』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=QFueq5PKNwo

映画に行こう! [しゃかい]

 本日6日より映画「樺太1945年 夏 氷雪の門」が、松山市湊町のシネマルナティックで上映されます。(11月21日まで)
 映画「氷雪の門」オフィシャルサイト http://hyosetsu.com/

 尖閣諸島での中国漁船との衝突事件や北方領土へのロシア大統領の訪問など、平和ボケの日本人も目を覚まされることが起きています。上記の映画は、1974年に制作されましたが、当時のソ連からの圧力で上映されませんでした。なぜならこの映画には、日本がポツダム宣言を受け入れた後に南下して来たソ連軍のことが描かれていたのです。ソ連は火事場泥棒のように南樺太や千島列島、されに北方四島を占領したのです。当時、最後の力を振絞って戦ってくれた人々がいなかったとしたら、北海道はソ連に占領されていたかも知れません。(実は地上戦は沖縄だけではないのです。)
 ぜひ、われわれ日本人が学校で教えてもらえない歴史を知ってほしいと思います。

青山繁晴】ロシア対日戦勝記念日と北方領土問題[桜H22/8/20]
http://www.youtube.com/watch?v=Co6M6c0n10Y

救われない魂は、傷つけ返そうとしている自分だ [音楽]

 ただでさえ暇なのに、雨が降っているものだから朝から電話1本、来客1名の状態です。ということで、YOUTUBEで遊んでたら昔よく聴いていた「中島みゆきのオールナイトニッポン」を見つけました。

中島みゆきのオールナイトニッポン 1984年2月7日「怜子」
http://www.youtube.com/watch?v=ZAVCZLfsKec

友情/中島みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=t3WzYdPh4Ck

悲しみばかり見えるから
この目をつぶすナイフがほしい
そしたら闇の中から
明日が見えるだろうか
限り知れない痛みの中で
友情だけが 見えるだろうか

企みばかり 響くから
この耳ふさぐ海へ帰るよ
言葉を忘れた魚たち
笑えよ 私の言葉を
終わり知れない寒さの中で
友情さえも 失っている

この世見据えて笑うほど
冷たい悟りもまだ持てず
この世望んで 走るほど
心の荷物は軽くない
救われない魂は
傷ついた自分のことじゃなく
救われない魂は
傷つけ返そうとしている自分だ

一番欲しいものは何ンですか
命賭けても守るものは何ンですか
時代と言う名の諦めが
心という名の橋を呑み込んでゆくよ
道の彼方にみかけるものは
すべて獲物か 泥棒ですか

この世見据えて笑うほど
冷たい悟りもまだ持てず
この世望んで走るほど
心の荷物は軽くない
救われない魂は
傷ついた自分のことじゃなく
救われない魂は
傷つけ返そうとしている自分だ

自由に歩いてゆくのなら ひとりがいい
そのくせ今夜も ひとの戸口で眠る
頼れるものは どこにある
頼られるのが嫌いな 獣たち
背中にかくした ナイフの意味を
問わないことが友情だろうか

この世見据えて笑うほど
冷たい悟りもまだ持てず
この世望んで走るほど
心の荷物は軽くない
救われない魂は
傷ついた自分のことじゃなく
救われない魂は
傷つけ返そうとしている自分だ


挙動不審官房長官、やはりマズイことがあるんだな・・・。 [しゃかい]

 新聞テレビは、またしても大事な事を隠しています。彼らはいつも「報道の自由」ということを叫びますが、実は「報道しない自由」のほうがよっぽど多く危険なのです。いつも書いていますが、日本の大手マスコミのほとんどは、中国の報道機関?と大して変わりありません。

 テレビも新聞も事業仕分けのことばかりを取り上げています。もう皆さんも大体分かってきたとは思いますが、これは単なる政治ショーに過ぎません。今日の新聞にも「社会資本特会を解体」などの見出しが出ていましたが、事業仕分け事態にそんな権限はありません。そもそも、仕分け人は誰が任命したのか?何の根拠で選んだのか?仕分ける対象も誰がどのように決めたのか?Aさんにとって無駄なものでもBさんにとっては必要かもしれないですよね。それなら、国会の場で予算を組む時にやればいいのではないでしょうか。しかも、今回の事業仕分けは、民主党政権自身がつくった予算を仕分けているのです。自作自演状態ですね。それに、レンポーも枝野もなんであんなに偉そうな態度なんでしょうか。人と話す態度ではありませんね。人間性を疑います。(民主の議員ってアゴが上がり過ぎ!なんか勘違いしてないか!)

 ところで、今国会が開かれていることをご存知でしょうか。様々な委員会で、連日民主党内閣の閣僚がコテンパンにやられています。野党議員の質問にまともに答えられないのです。しどろもどろで、まったく関係のないことを延々と時間稼ぎのためにしゃべり続けたりしています。その中で、尖閣諸島での例の事件を撮影したビデオの公開問題が鋭く突っ込まれています。

2010.10.28(木) 参議院 内閣委員会 西田昌司 1/2 岡崎トミ子の件
http://www.youtube.com/watch?v=mgqTWRgnyyM

2010.10.28(木) 参議院 内閣委員会 西田昌司 2/2 岡崎トミ子の件
http://www.youtube.com/watch?v=yD9hIEIoj14

 
 ところで、尖閣のビデオを公開しないということは、以下の公開されている動画よりも酷い内容だということですよね。
領海侵犯する韓国密漁船団 VS 海上保安庁part1
http://www.youtube.com/watch?v=BeSZvNHJri4

領海侵犯する韓国密漁船団 VS 海上保安庁part2
http://www.youtube.com/watch?v=S1fC94U0jCU

日本が平和だったからといって、世界が平和だったわけではない。 [しゃかい]

 尖閣諸島での問題ですが、もうテレビのワイドショーなどでは忘れ去られようとしています。しかし、国会では現在も、(特に)自民党議員からの鋭い追及が続いています。
 いったい、あの時何があったのか。それを知るのは簡単なことです。すべてを記録した映像があるのですから、それを公にすればよいのです。
 では、なぜ出来ないのか。よほど都合の悪いことが映っているとしか思えません。今まさに、その都合の悪い部分をカットしてつなぎ合わせている最中なのかもしれませんが・・・。
 
 仙谷官房長官をはじめ民主党政権は、日本国民が尖閣のことを忘れるのを待っています。そして忘れっぽい日本人の記憶から消えてしまった頃、あの船長も不起訴処分にするつもりなのかも知れません。
 しかし、中国共産党がこの60年の間に何をしてきたのかを忘れてはいけません。国内での文化大革命や天安門事件のような大虐殺をはじめ、東トルキスタンやチベットでの侵略と虐殺などは、もっと多くの日本人が知らなければならない歴史的事実です。すぐ隣の国で行われたことなのですから。
 そして今、その矛先が日本に向けられ始めています。
 私たちは、ベトナムのチュオンサ諸島で起こった事実も知っておく必要があります。

日本では報道されていない・シナ(中国)海軍の虐殺
http://www.youtube.com/watch?v=LCHULytV1PE

自分では気付いていないのかも知れませんが [しゃかい]

 私はいつもパソコン動画を見ることが多いのですが、メディアプレイヤーなどにはとても便利な機能があります。それは、再生スピードを速くできることです。時間がないときや、飛ばしてしまいたい内容のときなどはとても便利です。また、速い音声を聞くことは脳にとってはとても良いことらしく、たぶん・・・ボケ防止にもなっているのではと思っています。
 そんな、速い音声をリアルで聞くことがあります。それは、おばちゃんです。今日も会社に事務のおばちゃんのお友達がやって来ました。二人は社長の私がいるのも気にもせず、延々と2時間ほどしゃべり続けていました。しかも、4倍速で。。。今ではもう慣れっこですが、最初のうちは訳がわかりませんでした。「ん?なんだ。これは・・・。」脳がついていけなかったのです。私は普段からパソコンで2倍速ぐらいは聞きなれているのですが、おばちゃんのスピードにはついていけませんでした。
 
 そうだったのか・・・おばちゃんは日頃から脳を活性化させていたのですね。恐るべし、おばちゃんスピーチ
 私は今でも4倍速固定のオバチャンプレイヤーの音声は聞き取れませんが、先ほども書いたように少し慣れてきたので、それが日本語だということは分かってきました。みなさんも、メディアプレイヤーで4倍速を体感してみてください。

恐る恐る少しずつ報道する日本のマスコミ [しゃかい]

前回、10月2日のデモを報じなかったことがネットなどで批判されたからか、今回はチビット報道していました。消される前にどうぞ。
NHK東京都内でデモ 中国政府に抗議
http://www.youtube.com/watch?v=KEqkOkGLocE

NHKは「大きな混乱はなかった」と言っていましたが、実は中国人の妨害行為や警察の可笑しな規制はありました。


とはいえ、これだけのデモがあっても、未だに無視し続けているマスコミもあります。もういい加減、「自主規制」なんかやめればいいのにね。
そんなことをしている間に中国の反日デモでは尖閣ではなく「沖縄を取り返せ!」なっています。もちろん中国共産党の意向に沿ってのことですね。

10.10.16『尖閣侵略糾弾デモ』どこが右翼?青山公園出発直前/第3、7~9梯団
http://www.youtube.com/watch?v=leUNuSgxu8s






国民は、現在日本が社会主義政権であることに気付いているだろうか。 [しゃかい]

国会での予算委員会をみていると、民主党の(特に)菅総理と仙谷官房長官から、よく同じような言葉が出てきます。それは、「何を訊かれているのか良く分かりませんが・・・。」というフレーズです。これは、答えにくい質問や都合の悪い時に最初に出てくる言葉です。そして、それに続けて「何を言っているのか分からない」答弁が出てきます。当然、「質問には答えない」さらに、「全く別の話を演説のように長々と話す」「時間稼ぎのためにゆっくり答える」など、野党時代の彼らとは別人のようです。本当に聞いていて気持ち悪くなります。
 
それにしても仙谷官房長官は何様のつもりなのでしょうか。質問されてもいないのに勝手に答弁するので、当然ながら質問の答えになりません。(例;総理はどうお考えですか?→総理ではない仙谷が出てきて答える)これでは影の総理どころか、完全にオモテの総理大臣ではありませんか。ついでに、他の大臣の分も全部一人で答えればいいのではないでしょうか。仙谷由人改め、仙谷一人内閣でも作ればいいのでは?半島にでも渡って。

2010/10/14(木) 参議院予算委員会 西田昌司 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=NG0PaORinjQ

民主党も中国共産党も同じです。 [しゃかい]

(以下、時事ドットコムより)
中国当局、海外ニュースを遮断=新華社、外務省談話のみ報道
 【北京時事】中国で8日、民主活動家の劉暁波氏に対するノーベル平和賞授与決定について報じていたNHKなどの海外テレビ放送のニュース番組中、突然画面が真っ黒になり、視聴できなくなった。放送は他のニュースに変わると復旧。中国当局が劉氏に関する情報を国民に知らせないため、視聴を制限したとみられる。 国営新華社通信は、劉氏への同賞授与決定に反発する外務省報道局長談話だけを報じた。(2010/10/08-20:59)

 ふ~ん・・・。これって特に新しい出来事でもないし、いつもの事ですよね。中国共産党らしいです。
 それよりも、民主主義国家だと国民が思い込んでいる日本でも、同じようなことが行われている事のほうが、何かいやぁな感じがします。(←前回のブログに書いたようなことなど→)今回の新華社のニュース遮断の件については、日本のマスコミは批判できないはずなんですが・・・やってますねえ。中国共産党の方が、まだ堂々としていて好感が持てます。(笑)
【街頭宣伝】10.2中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動[桜H22/10/5]
http://www.youtube.com/watch?v=4ppJdqGfODE

沖縄】尖閣諸島を守れ!緊急デモ集会 デモ行進
http://www.youtube.com/watch?v=2ET7JhdVRy4
 
 実は日本の報道機関は中国共産党には逆らえないんです。以下は、少し古い動画ですが、ご存じない方のためにどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY

知られては困ることもあるらしいけど、今はネットがあるからねえ。 [しゃかい]

 あの尖閣の件で、先日開放された船長ですが、実は「人民解放軍の海軍大佐」だという話が出てきていますね。まあ以前から、「あの手は漁師の手じゃない」などと言われていましたが・・・。(漁師の手はあんなに白くないなど・・・)となると、これは単なる漁師の領海侵犯や衝突事故ではなくなりますが、菅内閣はどうするんでしょうか。
 相変わらずヘラヘラ笑いながら擦り寄っているようですが、困っているのは中国側なのですから、今こそ!強く抗議し、丹羽大使を召還するなりの対抗措置をとるべきではないでしょうか。

 ところで先日2日に東京で行われた、頑張れ日本!の抗議活動「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」については、日本の大手マスコミは一切報道しませんでした。(CNNやAFPは伝えています。)
AFPのニュースサイト
http://www.afpbb.com/article/politics/2762997/6277374

 いつものことですが、日本の大手マスコミは「外国人参政権反対」や「選択制夫婦別姓反対」などの抗議デモに関しても一切報道しません。ちょっと、偏りすぎではないですかねえ。これでは、中国共産党が国内で頻繁に起こっている暴動を隠蔽しているのと同じことになります。このような抗議デモは日本国内で頻繁に、毎週のように行われているのです。それを隠しているのは、知られては困るからではないでしょうか。民主党政権は、中国共産党政権と何から何までよく似ています。

【デモ行進】10.2中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動[桜H22/10/4]
http://www.youtube.com/watch?v=MZnbZvzlcwo
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。